赤ちゃんの脳の成長を助けるDHA

赤ちゃんを妊娠中の妊婦さんにお勧めなのがDHA(ドコサヘキサエン酸)です。 多価不飽和脂肪酸と言われ、体内で合成することのできない栄養素です。
体の中で作ることができないため、口から摂取する必要があります。
DHAは、記憶力や血栓症予防に効果的だとされています。
胎児や赤ちゃんの場合は、細胞や神経細胞の発達や成長を助けたり、脳の正常な発育を助けたりします。
厚生労働省が発表している、栄養の基準(栄養士さんはこれを基準にしているような、日本人のために作られた基準です、数年に1回改定されます)「日本人の食事摂取基準」(2015)によると、DHAの摂取量は成人では1日1.6g推奨ですが、妊婦さんの場合では1日1.8gが推奨となります。
普通の成人よりも多くとることが推奨されています。摂取する期間は赤ちゃんが産まれるまでとされています。
DHAを多く含む食品にはサバ、イワシなどの青魚があります。
毎日摂取するのが困難な場合には、サプリも売られています。こちらもどうぞ>>>>>DHAサプリ妊婦

青魚サプリの実体験に基づく効果と生の食品の違い

青魚サプリと聞くと記憶力の向上や認知症の予防になるDHAや中性脂肪やコレステロール値を低下させ、動脈硬化の予防の効果に期待できると謳われていますが、果たして効果は表れているのかと疑問に思うことがあります。実際に私自身も青魚サプリを記憶力向上という点に魅力を感じ、試してみたことがありました。半年ほど継続したのですが、なんといってもサプリメントということで、味は鯖や秋刀魚といった魚を食べている時のおいしさは全く感じず、人工的な薬を摂取しているのだなとしか思うことができませんでした。半年摂取した中で、日常で人の名前を覚えるようになったとか、地名を覚えやすくなったという実感はあまり、感じることができず、少し、残念に思えました。自身の継続期間が短かったことも原因かと思いますが、酔い止め薬と同じで気休めとして摂取するから、記憶力が向上したというように感じることができるのではないかと思います。なので、おいしく栄養を摂取したい方にとっては、やはり、魚そのものを食べた方が良いかもしれません。管理人のお世話になってるサイト>>>>>http://xn--nyq19ht2kc62d1vb1xf.xyz/